ヒココンテンツの更新も始めました。内容に不備、間違い、アドバイス、感想等がありましたら雑談フォーラムにお願いします。

小鮎釣りのタックル

この記事は約8分で読めます。

小鮎釣りのタックル

ロッド

ルアーロッドでも小鮎を釣る事は出来ますが、小鮎釣りではリールを使う必要は無いので、延べ竿を使うのが一般的です。もし、延べ竿をお持ちでないなら、まずは15尺~18尺程度の予算の許す範囲でハリの有る軽く扱いやすいカーボンロッドの購入をお勧めします。小鮎以外にも使い道があるので、釣りのバリエーションが広がると思います。

延べ竿は一見シンプルで気にしない人ならなんでもOKですが、実は奥が深く難解な竿です。繊細なレベルでタックルバランスを取りたい場合は、細かい所を意識しないといけないので、まずは標準的な竿で、小鮎を釣ってから、自分の好きなポイント、釣り方にあった竿にバージョンアップすればいいと思います。

延べ竿の難しさ
延べ竿は見た目のシンプルさとは裏腹に、イメージ通りの一本に出会うのは、案外難しい竿です。反対に、ルアーロッドは色々とバリエーションがあり、ロッド選びは難しそうですが、実は案外単純です。長さ、強さ、調子、ブランクの素材、ガイド、その辺をある程度決めればイメージどうりの釣りが出来ます。何故なら、ルアーロッドは基本的に仕掛けをキャストし、魚を誘い、当たりを感じ、魚を掛ける、ここまでがメインの役割で、魚を掛けてから取り込む迄の大部分はリールとの共同作業で実現するからです。(最近は色々な対象魚に応じてアレンジされたロッドが出来ているので、言い切るのは若干語弊はあるかもしれませんけどね… 笑)
※注 磯竿はリール付き延べ竿みたいな物なので上でいうルアーロッドとは少し違います

一方の延べ竿は、掛ける迄と掛けてからの役割を1本の棒きれが担わなければなりません。食い込みを良くしていくと感度が落ちる、ドラグに相当する、しなり、粘りを上げていくと、振り込みの操作性や感度が犠牲になる。ある程度長さも必要なので重さも無視できない。要は相反する機能をどこでどうバランスしていくかで竿の性質がガラッと変わってしまうからです(おまけに値段もピンキリです、笑)。 釣具屋で竿を伸ばして、振ったり、天井に穂先を押し当てて曲り具合を調べたりする姿を見かける事がありますが、あの作業で解る事はかなり限定的です。( しないよりは、したほうが良いのかもしれませんが… ) 結局は自分のフィールドに持ち込んで、自分の狙っている魚を掛けて、曲げてみないと竿の持つ本当の性能はわからないというのが、延べ竿選びを難しくする理由です。

ロッドの長さ

(浜の場合)
浜の小鮎釣りでは、遠いポイントを狙えるので、可能な範囲で長さはあった方が有利なのですが、竿は長くなると重くなりますし、手返しも悪くなります。価格的にも高くなっていきます。私は長い竿もありますが、もろもろの兼ね合いから、浜では18尺くらいをメインに使っています。18尺で十分に釣れますし、長さが足らない時は湖に立ちこむことでカバーします。笑

(川の場合)
川の小鮎釣りでは、釣り方の好みもありますが、狙っている魚が広く瀬についていると感じた場合は瀬を大きく狙う事になりますし、石や変化についているのではと思えば、小さく狙っていく事になります。長竿は大きく釣るのに向いていますし、短竿はポイントを小さく釣っていくのに向いています。私は、川の規模にもよりますが、安曇川では15尺~21尺辺りを持参し、大きく釣るときは21尺前後、小さく釣るときは15尺前後を中心に竿を使い分けています。さすがに小さく釣ると言っても、あまり短い竿では魚との距離が取れず警戒される恐れもあるので、手返しと距離とのバランスを取ると言う事で15尺です。ですので、長尺でも的確に手返しよくピンポイントを攻めれる方は、可能な限り魚との距離を取れは良いし、15尺でも長いと感じる場合は13尺でも良いと思います。川幅の無い小川で釣る場合はその川幅に合わせて竿の長さを調整して下さい。

と言う事で、浜の小鮎釣りは
18尺~21尺
川の小鮎釣りは釣り方に応じて
小さく釣る場合は 13尺~15尺
大きく釣る場合は 18尺~21尺
それぞれ、予算の許す範囲で軽く扱いやすいカーボンの延べ竿が良いと思います。

冒頭にも書きましたが、まず1本を購入するなら川用なら15尺、浜用なら18尺くらいが良いのではないでしょうか。

ロッドの硬さ、調子

ロッドの硬さについては、ラセン等を使うので、仕掛けが少し重めなのと、鮎のエサ釣りはどちらかと言うと食わせる釣りでは無く、掛けて行く釣りになる為、必要以上に柔らかいと逆に扱いにくいので、私は少し固めの竿を好んで使っています。まあ、この辺も各人の好みだとは思います。

硬さの目安は絶対的なものではなくシリーズの相対的な部分もあるので、硬調でもイメージより柔らかく感じる物、逆に、硬く感じる物もあると思います。最近では、竿をネットで買う事も増えて来ましたので、そのような場合は、カタログの硬軟表記だけではなく、竿先径、竿尻経、穂先の素材、タイプ(ソリッド or チューブラーなどなど)、重量等の全体スペックから判断すると良いと思います。

下は私が小鮎釣りで比較的によく使っている竿です。
実は小鮎釣りにはお勧めできる竿は無くて、清流Xを除き、小鮎を釣るには硬すぎる竿ばかりです。 勝負は早くつくのでせっかちな私にはピッタリな竿ではあります。笑
今後は、もう少し釣り方を変えて行こうと思っているので、柔らかくしていく予定です。

使っている 浜用ロッド
ダイワ 葉隠 硬調 18
ダイワ 波紋J 硬調 21
シマノ ボーダレス50 GL 630T

使っている 川用ロッド
ダイワ エキスパートテンカラ LH44
ダイワ 清流X 硬調45
シマノ ボーダレス50 GL 540T
シマノ ボーダレス50 GL 630T

ヒコ
ヒコ

改めて見ても硬い竿が多くて、小鮎釣り用の竿ではないですね。あまり参考にしないでください。笑
その中でもダイワの清流X は価格的にも手ごろで、掛けて楽しいので、最初の一本にはいいと思います。但し、型を狙い出すと、柔らかいので、もう少し強めが欲しくなるとは思います。
使用している中では、ボーダレス50が感度もよくとりあえず現状のメインロッドです。惜しむらくは、今の感度を落とさずもう少し柔らかければ良いんですが…

仕掛け

ライン(道糸)

浜では必要以上にラインを繊細にする必要は無いので、0.6~1.2号程度のナイロン又はフロロラインを使えばいいと思います。川ではラインの太さにより水に押される強さが変わるので、使用する太さは各人の好みが分かれるところです。私は、ある程度重さも欲しいのでフロロの4lb程度(1号ほど)と少し太目を使っています。
又、遊動式の天井糸を使用すると長さの違う仕掛けを使う場合でも、手尻の調整が簡単なのでオススメです。

ヒコ
ヒコ

私は道糸は釣行毎に作り直すので、ルアー用の安めのフロロラインを使っています。ルアー用の3~5lbフロロはボビン巻きでも1000円程度で買えるので、経済的です。

ウキ

ウキは、浜では仕掛けを背負える浮力があれば形状等はお好みで良いと思います。
川では止め釣り、流し釣り等、それぞれの釣り方に適した好みのウキで良いと思います。
私の場合は浜でも川でも中通しの硬質発砲球を使ってます。(重量が欲しい場合は木製を使います)
川での流し釣りの場合は、ウキの影がポイントを通過する事で鮎を警戒させてしまいますので、ウキは極力小さくします。(小鮎釣りの場合はあまり気にしなくてもいいです。)
中通しの玉ウキが川の流れで暴れ落ち着かない場合は、仕掛けを流す際のラインの入り角度に合わせてウキの重心をずらすネイルシンカーを打つことで、ウキが少しは安定します。

針、ハリス

(針)
各メーカーから鮎のエサ釣り専用の針(改良鮎エサ(がまかつ)や 新鮎エサ(OWNER)等)が発売されていて、スレ針でトラブルも少なく、掛かりがよくバレにくいバランスを考慮した設計との事で重宝しています。ただ、やはりスレ針と言う事で、鮎のサイズが上がってくるとバラシも増えて来るので、釣れてくる鮎のサイズに応じて、アジ針、袖針等の返しの付いた針の併用が良いと思います。(袖針では強度に不安があるならアジ針を使えばいいと思います。)
針のサイズについては、食わすという観点では、サイズを落としていくのが望ましいのですが、掛けても取れなければ意味が無いので極端な小針もまた逆効果となります。私の場合は鮎エサの1.5号前後のサイズを使っています。

ヒコ
ヒコ

釣り針のサイズを表す「号数」ってメーカーの独自基準なので、何号って表現ではあまり参考にはなりませんよね。 胴長、フトコロ長、軸径、あたりの具体的なサイズを+表記してくれたらもう少し分かりやすいように思いますがどうでしょうね。針の大手メーカーで共通の表記方法を作ってくれないですかね。笑

(エダス)
エダスは状況に応じて0.3~0.6号程度を使用し、エダス長は自作の場合は市販品より少し長め(3~4mm)に取る場合があります。エダスの太さ、長さについては状況に合わせて調整が必要と言う様な繊細な釣りでは無いので、単に使う竿の固さと掛かってくるであろう魚との兼ね合いで良いと思います。とりあえず0.3程度で、固めの竿で少し良いサイズが掛かりそうな時は少し太くしておいたほうが安全かな~って言う程度のチョイスでOKです。愛知崖のエサ解禁の際は少し太くしておくほうがトラブルは少なくなる様に思います。笑

(サビキ仕掛け)
浜の仕掛けは自作が面倒なのと、市販品も優秀なので市販の仕掛けも使っています。針のサイズは2号程度で、針数が多いとトラブルも増えるので、5本針前後の仕掛けが中心です。それ以上の針数の仕掛けの場合は針を数本落とすのもありです。トラブル対策でスレ針を使うのも良いと思います。

川の場合はケースバイケースで自作と市販品を使い分けています。
ポイントを大きく流して釣る場合は市販の仕掛けを利用し針数は多い方が、ポイントを広く探れて良いと思います。市販品を使うのは浜の時と同様、針数が多い仕掛けを自作するのが面倒だからですが、自作する場合は下のほうのエダス長は少し長め(3~4mm)に、上のほうは市販品程度(2~2.5mm)に作ります。
小さくポイントを釣って行く場合は自作の仕掛けを利用し針数は2~3本で釣ります。(市販仕掛けをカットして使う場合もあります)

ラセン、錘

以降、ぼちぼち書きます

その他 小物

ビク

針外し

サングラス

エサ入れ

タイトルとURLをコピーしました